ILみなみTAMA

組織形態その他
代表者氏名中西正司
設立年2008年
住所〒192-0364 八王子南大沢2-25 フォレストモール南大沢2F
URL
メールminami-tama@pony.ocn.ne.jp
電話番号042-682-5343
FAX番号042-682-5342

設立目的

ILみなみTAMAは、八王子市南部地域において、理念として「障害当事者の自己選択・自己決定」を尊重し、地域の障害者に対し在宅福祉サービスの利用援助、社会資源の活用や社会生活力を高めるための支援、ピア・カウンセリング、介護相談及び情報の提供等を行うことにより、障害者やその家族の地域における生活を支援し、もって在宅の障害者の自立と社会参加の促進を図ることを目的としています。




団体の活動内容

1)福祉サービスの利用援助(情報提供、相談)

2)社会資源を活用するための支援(各種支援施策に関する助言等)

3)社会生活力を高めるための支援
社会生活力を高めるために、エンパワメントに繋がるプログラム等を実施する。

4)ピア・カウンセリング
障害者自身がカウンセラーとなって、実際に社会生活上必要とされる心構えや生活能力の習得に対する個別的援助・支援を行う。

5)権利擁護のために必要な援助
虐待の防止及びその早期発見のための関係機関との連絡調整、その他障害者等の権利擁護のために必要な援助を行う。





活動拠点

八王子市南部


八王子市民に向けたメッセージ

『ILみなみTAMA』ってどんなところ?

障害者が地域で自分らしい生活を実現していくためのお手伝いをするところです。
ピア・カウンセラーとよばれる障害者が相談にのります。

こんなサービスがあります。
○自立生活プログラム(ILP)
○ピア・カウンセリング
○自立生活体験室
○権利擁護 …障害者の権利を守る活動です。
○情報提供 …障害者の生活にひつような情報を提供します。
○各種相談 …どんなことでも相談にのります。

『自立』ってなに?
だれでも、自分の人生の主人公は自分です。
どこに住みたいか? だれと暮らしたいか? どんな服を着たいか? なにを食べたいか?
「自分で選んで、自分で決める。そして自分の人生に責任をもって生きること」
それが自立です。

では、どうしたら「自立」の力がつくでしょう?
いろいろな経験をすることが大切です。
自立生活プログラムは成功や失敗などさまざまな体験をすることで、自分に自信をつけ、自分のやりたいことを自分で選んで決める力をつけます。

例えば、電車に乗るのはどうしたらいいの?
介助者(ヘルパー)にどうたのんだらいいの?
どんな制度があるかな?
自立生活体験室は、福祉機器や介助サービスをつかって、宿泊しながら生活を体験するところです。

障害者である自分がすきですか?
障害者であることに自信をもっていますか?
ピア・カウンセリングは「障害ってなんだろう」と知り、自分を発見し、自信をとりもどしていきます。

障害者もたいせつな社会の一員です。
あなたにはどんなサポートが必要ですか?
自分一人でがんばるのではなく、まわりの人の助けをかりて、自分のやりたいことを実現しよう。




その他(会費、活動日など)

活動日 月曜~金曜 10:00~18:00