陵南公園(りょうなんこうえん)

本日は、隊員mamaが別隊と行動するということで、
ani(5歳)、jinan(3歳)、papaの3人で活動することに。

早速、aniに行き先を委ねると「公園」と即答。

と、言うことで、本日は多摩御陵の近く「陵南公園」へと向かった。

公園の入り口に到着。
どうやら都立公園のようだ。

駐車場はそれなりの広さであるが、本日は見ての通り満杯。

少し待って、なんとか車を停めることができた。

場所は、浅川沿いに位置しており、グランドも併設。
桜の木に囲まれ、散歩コースとしても素敵な感じだ。

公園に来ている人達は、子どもとシニアが多く、年齢層も広い。
子どもだけの公園と違い、大人な雰囲気をかもしだしている。

遊具は、滑り台やジャングルジムこそ無いが、
遊歩道沿いに鉄棒やうんてい、平均台など小学校にありそうなものが設置されている。

鉄棒。こちらはおとな用。

平行棒

腹筋に最適なベンチ

うんてい。papaも調子にのってやってみたところ、「グキッ・・」背筋が・・・

平均台

総じて、5歳のaniはどうにか遊べたが、3歳のjinanには、やや難しい遊具のようだ。

さらに遊歩道を進むと、人口の池が。
夏は、ここにチャプチャプするらしい。

その時、兄が叫んだ「小さな魚がいる!!!」

急いで駆け寄ってみると、なんとオタマジャクシではないか!
それも、結構な数である。

ani、jinanにとって初のオタマジャクシ。
しかし、両人は意外とあっさり次へ。

papaにとっても何十年ぶり?の再会、なんだかとても懐かしい気分を味わった。
遊具に飽きたaniは、隣接の浅川に足を運んだ。

川辺に少しだけ陸?があり、早速我々は降り立った。
我々は、「川に石を投げる」という単純な遊びに酔いしれた。

昨今、気軽に石を投げることができる環境は、思いのほか少ないものである。

野鳥が多い?のも特徴。

aniとjinanは、遊具よりも、自然の方が気に入ったらしい。


では、本日のポイントをまとめよう!

おススメポイント!

1.川沿いの遊歩道は歩いているだけでも気持ちよい。特に桜のシーズンはおススメ!
2.遊具もあり、小さい子ども連れでものんびり楽しめる。ベンチも多く、お弁当持参がおススメ!
3.駐車場があることも特筆すべきことだろう

注意点

vol.2 陵南公園

1.遊具は小学生以上を対象にした感じ。
2.グランドも併設のため、駐車場はすぐ埋まってしまう。
3.人口池の水はあまりきれいじゃない・・・(夏はきれいな水が入るのかも。)

施設名陵南公園
住所八王子市長房町、東浅川町
TEL042-661-0042(陵南公園サービスセンター)
URLhttp://www.tokyo-park.or.jp/park/format/index046.html