サイエンスドーム

vol.6 サイエンスドーム

本日は隊員の予防接種にて平岡町にある保健センターに向かった。
予防接種があっさりと完了したので少しあたりを探索することに。

すると、地図に「サイエンスドーム」なるものを発見!

そう言えば、「ハチポ市民リポートvol.13にサイエンスドームのリポートが・・・」

そんな記憶を頼りに、現地へと向かった。

駐車場には、「どぉ~んんん!」と地下鉄の車両が。

aniとjinanはどこに???と辺りを見回すと、既に車両に乗り込んでいた・・・
さすが、我隊きっての行動派である。

aniは運転席への侵入を試みるが鍵がかかっておりNG。
近くの張り紙を見ると、期間限定で運転席を解放しているらしい。


普段電車を利用していても何も感じないが、なかなかの見応えであった。

少し寄り道をしたが、サイエンスドームの入口に到着。

どうやら券売機でチケットを購入するらしい。

「本日、土曜日は中学生以下は無料ですよ・・・」との声が。
aniとjinanは、入る気満々である。

大人はと言うと・・・

プラネタリウムの観覧券付きで700円・・・

微妙な金額である。

一瞬入館をためらうが、aniとjinanの心はすでにサイエンスドームへ。

「オー、マイゴッド!」、二人を追う形で入館へと足を踏み入れた。

本日は、プラネタリウムと恐竜の映画?があるらしい。
すぐに開演時間ということで、我々も向かった。

中に入ると映画館にあるような椅子があり、天井全体が丸いスクリーンになっていた。

早速、八王子の夜景の説明が始まった。

八王子の町から明かりを消すと、こんなに星が見えるのです・・・
といった感じで説明が始まった。

特に星に興味が深いわけではないが、なかなかの迫力である。
aniもjinanも興味津々の様子であった。

以前、登山にて山の奥地でキャンプをしたことがあるが、
その時も、「空一面に星があったな・・・」
そんな記憶を思い出させてくれた。

その後、恐竜の映画がスタート。
恐竜がどのような生活をおくっていたのかを教えてくれる内容であった。

時々jinanが「怖い!!!」と声をあげる程、迫力の映像であった。

総額700円の価値は十分にあると感じた。

そうして、約1時間の上映が終了した。

映画は期間に応じて変わるらしく、ドラえもんの予告編も流れていた。

また、館内には、科学?を感じる不思議な仕掛けが沢山あり、
aniとjinanはしばらく時間を忘れて、没頭するのであった・・・


ぶらっ~と訪れた割には、なかなかの収穫であった。
また、ぶらっ~と、立ち寄ることにしよう・・・


それでは、今回のポイントを整理しよう!

お勧めポイント

1.毎週土曜日は中学生以下無料!
2.大迫力の映画館と考えればコストパフォーマンスは高い。
3.館内、駐車場には子どもが興味を示すものが沢山あり、それだけでもポイントは高い!


施設名サイエンスドーム八王子
住所八王子市大横町9-13
TEL042-624-3311
URLhttp://www.city.hachioji.tokyo.jp/kyoiku/gakushu/sciencedome/